学校法人町山学園
幼保連携型
認定こども園
まどか幼稚園

まどか幼稚園が大切にしていること

"楽しくなければ幼稚園じゃない・楽しいだけでも幼稚園じゃない"

 子どもたちが楽しみにし、楽しく過ごすところが幼稚園です。“喜んで登園する”ことは、入園から卒園まで園生活の基本となっています。

 その上で、私たち保育者は子どもたちを温かく受け入れることをベースに、子どもたちが生き生きとした園生活をおくれるようにカリキュラムを編成し、頑張ることや我慢することを含めて、いろいろな体験ができるような環境づくりを工夫しています。

"子ども一人ひとりを主人公に、温かい保育を行う幼稚園です。"

 乳幼児期は、児童期以降とは発達的特徴が異なり、さらに個人差も大きい時期です。それにも関わらず、「これをできるようにならなくてはならない」という画一的な目標(到達目標)を課すことは、子どもにとって負担以外の何物でもありません。

 また、できる子を褒め、失敗した子をないがしろにしてしまうことに繋がるかもしれません。 まどか幼稚園では、一人ひとりの特徴を大切にしつつ、教育目標をその子なりに達成できるように教育を行っていきます。

5つの教育目標

心身とも健康で元気な子

自分の心と体を大切にし自分以外の人の心と体も同じように大切にできる子

身近なものに興味を持つ子

自ら進んで活動ができる子

最後までやりぬく子

"「好きな遊び」と「学級・学年の活動」の連続性の大切さ"

 乳幼児期に特定の事柄だけを繰り返しても健やかに成長はしません。様々な経験を積む中で、生きる力の基礎を培うことが大切なのです。

 乳幼児期は遊びの経験を通して心も身体も急激に発達していきます。そこで乳幼児期は、自ら選んだ好きな遊びをじっくりと楽しむことが保障されなくてはなりません。

 しかし、遊びの好みは子どもによって異なります。遊びを子ども任せにするのではなく、保育者が一緒に関わることや、皆で行う学級・学年の活動にも力を入れています。

 「好きな遊び」と「学級・学年の活動」が相互に関わることで、子どもの経験はより豊かになります。

"肯定的な自己概念を形成するために"

 乳幼児期に遊びの中で「やった」「できた」といった達成経験や、「すごいね」「面白いね」といった他者からの肯定的な評価を得ることで有能感が芽生え肯定的な自己概念の形成に繋がります。一方で、失敗経験や否定的な評価を繰り返していれば無力感が生まれ否定的な自己概念の形成に繋がります。

 まどか幼稚園では「好きな遊び」や「学級・学年の活動」の内容や保育者の声かけ、子ども同士の関わりが肯定的な自己概念の形成に繋がるように配慮してまいります。